ワンルームより家賃は高めなのが難点…

1LDKは家賃が高いのは仕方ない

一人暮らしの物件を見ていると部屋の数が増えるほど高くなっていくのが見て取れるでしょう。ワンルームは安くて良いとよく選ばれていますが、1LDKと比較してしまうと二倍くらいの違いがあることすらあります。ただ、1LDKがワンルームに比べて家賃が高いのは仕方のないことです。1Kや1DKに比べても1LDKが高いのには三つの理由があります。わかりやすいのは部屋が広いという理由で、一人暮らし用のワンルームは面積が狭い場合がほとんどです。1LDKは広めにリビングを確保していて、ワンルーム並みに広い寝室もある場合が多いため、家賃を上げざるを得ないのです。また、部屋の数が多いことで扉や柱などにも費用がかかってしまうため、家賃が高くなっています。

家賃が高い理由を熟考しよう

1LDKの家賃が高いもう一つの理由を熟考してみると、1LDKはワンルームに比べて高くても選んでも良いのではないかと思う人も多くなるでしょう。1LDKの家賃がワンルームよりも高めなのは設備も充実しているからです。ワンルームは古い物件が多く、当時の状況で最低限の設備を整えたというケースが目立ちます。しかし、1LDKの場合には比較的新しい物件が多く、新築物件を見つけられる地域もあります。一人暮らしの生活を充実させたいという声が上がっているのを察知し、住宅メーカーや不動産オーナーが1LDKの部屋を整えている傾向が強いのが現状です。そのため、充実した設備が整っていて住み心地が良い物件が多くなっています。値段相応の価値がある物件が見つかりやすいのが1LDKの特徴なのです。