コスパ良し!他の間取りに比べて家賃が安い!

コスパ重視ならワンルーム

一人暮らしの賃貸物件探しでは間取りとしてワンルームはコスパが高いことから人気があります。ワンルームは壁や扉などの数を抑えられる設計になっているので建築にも維持にもコストがあまりかかっていません。ワンルームマンションは敷き詰めるようにして部屋をレイアウトしやすいため、特に家賃を抑えられるようになっています。ワンルームのコスパが良いのは部屋を広く使えることも理由です。扉を開け閉めするためのスペースが必要ないので、ワンルームは使える面積が広くなります。そのため、同じ面積の物件なら他の間取りよりもワンルームの方が広く使えるのです。その影響もあって高いコスパで利用できる賃貸物件としてよく選ばれています。

ハイエンドでもコスパが良い

一人暮らしでコスパが高いワンルームは家賃が安い物件の場合だけではないかと思っている人も大勢います。一人暮らし用の物件にもグレードが違うものがたくさんあるのは確かで、ハイエンドの場合には家賃が何十万円にもなっています。このようなハイエンドの賃貸物件でもワンルームは家賃が安い傾向が強いので、ワングレード上の物件に住みたいと思ったときにもワンルームを選んでみると手が届きやすいでしょう。コスパが高いのは自由度が高い部屋の設計になっていて、入居者が自分の考えに合わせて部屋を作り上げやすいからです。ニーズを考えて手の込んだ設計にした物件に比べるとコストがかかっていないので、家賃を抑えて提供できるようになっています。